【浅草店fb】変わる身体その②

変わる身体その②

私が千葉県にある整骨院で温熱療法をしていた頃の話をしたいと思います。

そこの整骨院では、温熱?何それ?というような感じで、誰も温熱療法などを知らない地域。 この整骨院の院長先生に試験的に温熱療法を導入して頂いたのですが果たしてこの、 「熱い熱刺激」が受け入れて貰えるのかどうか私にも一抹の不安がありました

有り難い事に院長先生は、温熱の良さを理解していた方で積極的、いえいえ、半ば強引にでも患者さんを温熱にまわしてくれました。

「健康保険外治療」になる温熱治療に患者さんは、とても訝しげ、そして半信半疑。 しかも時間は10分~20分あまり、というショートコースのみ。

とてもやりにくい(泣)

でもね、頑張りました。短い限られた時間に懸命に熱を入れました。 患者さんが訴える辛い部分にだけ懸命に。

そして語りました。 このふつうの温熱とは違う「熱い温熱療法」が凄いのかを(笑)

するとほとんどの患者さんが、楽になってしまう。 今まで何をやっても辛さがとれなかった症状が、楽になるのです。

それもそのはず温熱刺激療法は、自律神経を介して内臓に!頑固な筋肉のこりに!そして血流を良くしリンパの流れも良くなり一気に1人1人の不調の原因に作用するのですから。

その後多くの皆さんが、30分のショートコースから標準コースの1時間温熱をしてくださる様になりました。 そして気がつくと1日平均12人~14人の患者さんに温熱を施術する様になっていました。

皆さん、何故かわからないけど身体が楽になり、疲れなくなってきたと。

「身体が変わってきた!」と言ってくれてました。 そして、「熱いけど気持ち良い温熱を知って良かった!(^-^)」なんて・・・・・ そうなんです。

「変わる原因」は、今までの投稿にある通りなのですが、難しい事は なんにもわからなくても良いのです。

とにかく結果が良好である、という事が1番大切なのだと実感できた経験でした。 なので…三井温熱ケアシステムは結果にとってもこだわる治療院なのです(^-^)v

【浅草店fb】私が千葉県にある整骨院で温熱療法をしていた頃の話をしたいと思います。

私が千葉県にある整骨院で温熱療法をしていた頃の話をしたいと思います。

そこの整骨院では、温熱?何それ?というような感じで、誰も温熱療法などを知らない地域。

この整骨院の院長先生に試験的に温熱療法を導入して頂いたのですが果たしてこの、 「熱い熱刺激」が受け入れて貰えるのかどうか私にも一抹の不安がありました。 有り難い事に院長先生は、温熱の良さを理解していた方で積極的、いえいえ、半ば強引にでも患者さんを温熱にまわしてくれました。 「健康保険外治療」になる温熱治療に患者さんは、とても訝しげ、そして半信半疑。 しかも時間は10分~20分あまり、というショートコースのみ。 とてもやりにくい(泣) でもね、頑張りました。短い限られた時間に懸命に熱を入れました。 患者さんが訴える辛い部分にだけ懸命に。そして語りました。 このふつうの温熱とは違う「熱い温熱療法」が凄いのかを(笑) するとほとんどの患者さんが、楽になってしまう。 今まで何をやっても辛さがとれなかった症状が、楽になるのです。 それもそのはず温熱刺激療法は、自律神経を介して内臓に!頑固な筋肉のこりに!そして血流を良くしリンパの流れも良くなり一気に1人1人の不調の原因に作用するのですから。その後多くの皆さんが、30分のショートコースから標準コースの1時間温熱をしてくださる様になりました。 そして気がつくと1日平均12人~14人の患者さんに温熱を施術する様になっていました。 皆さん、何故かわからないけど身体が楽になり、疲れなくなってきたと。 「身体が変わってきた!」と言ってくれてました。 そして、「熱いけど気持ち良い温熱を知って良かった!(^-^)」なんて・・・・・ そうなんです。「変わる原因」は、今までの投稿にある通りなのですが、難しい事は なんにもわからなくても良いのです。とにかく結果が良好である、という事が1番大切なのだと実感できた経験でした。 なので…三井温熱ケアシステムは結果にとってもこだわる治療院なのです(^-^)v

【浅草店fb】どうすればコリがとれるのか….方法その1

どうすればコリがとれるのか….方法その1

前回の投稿では、肩こりや首こりをなぜ感じるのか?

そしてその原因についてお話ししました。

こりができる原因は他にもあるのですが、「頚椎の変性からくる変形」が、交感神経の過緊張に大きな影響を与え、それが肩こりや首こりを感じさせる要素はとても大きいのです。

原因が分かれば治療の方法は見えてくるもの。

まずは凝り固まった筋肉をほぐす方法の1つとして「温熱」があります。

しかし「普通のコリ」なら温める程度の温熱でも楽にはなりますが、ほとんどそれは一時的なものでしかありません。

「頑固なコリ」であるほど、それに比例して強い熱が必要になるのです。

「肩甲骨の内側や首の付根、そして首の横から前側にかけて感じるコリ感」は、とっても頑固なコリです。

これらをほぐしてスッキリするには、「高温熱刺激」が有効です。

何だかとても熱そうだし実際熱いのですが、それは一瞬のことで、「熱さを脳が感じる時間」は1秒以下です。

温熱療法というより、「温熱刺激療法」といったほうがいいかもしれません。

鋭い熱刺激を筋肉に与えることで急激に交感神経が引きしまりそれと同時に血管も引きしまります。

そのあと「温かい刺激」で気持ちよく感じることで、今度は血管が緩み筋肉に酸素がたっぷりと供給され、疲労物質は除去されます。その結果筋肉が緩むのです。

これを何度か繰り返すことにより、交感神経の過緊張が緩和され、頑固な肩こりや首こりが楽になるというわけです。

次回の投稿は、「どうすればコリがとれるのか….方法2」になります。

よろしくお願いいたします(^^)

【浅草店fb】自律神経とダイエット

自律神経とダイエット

夏になると薄着になる機会が増えてくるので、二の腕や脚、ウエスト周りのお肉が気になり、どうにかしたいけど運動するのは面倒だし、食事制限をしても昔より痩せにくくなったという方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

もしかするとそれは自律神経バランスの乱れから痩せにくく太りやすい体質になってしまっているかもしれません。

ではなぜ自律神経が乱れると太ってしまうんでしょうか。

その原因は、1日の生活で交感神経が優位な状態の割合が多いことが挙げられます。

私たち現代人は、長時間仕事をしていたり、夜遅くまでテレビを見ていたりして、ついつい活動時間が多くなってしまいます。

それに精神的肉体的ストレスがとっても多い(¯―¯٥)

そうなると、交感神経にかたよった状態が過剰になってしまいます。 その結果……….

・血流の悪化

・代謝が下がる

・冷え

・消化不良

・肌が荒れる

・心のバランスが崩れる

などの影響が体に表れ、肥満や体の不調にもつながってしまう…。

だから、自律神経のバランスが乱れると太ってしまうんです。

では、自律神経が乱れて太った身体を解消するにはどうすればいいかというと、交感神経が過剰に優位になっている状態を改善するのがいちばん❢

だと思います。

三井温熱療法は、交感神経に「熱っつい!」くらいの刺激を直に与えることで、内臓の働きを活性化させ、自律神経やホルモンのバランスを整えることを目的に行います。

熱の刺激は少々強めなのですが結果として、反射性に副交感神経が優位に働きます。

その結果、

・血流が良くなる

・代謝が上がる

・しっかり老廃物が排出される

・ムダな脂肪が付きにくい

などの現象が期待できます。

運動や厳しい食事制限をしなくても、自律神経を整えるだけで痩せやすい体質になる方もいるのです。

さらに、副交感神経が優位になってリラックスできれば、熟睡できるようになります。

熟睡できれば寝ている間に成長ホルモンが多く分泌され、体を若々しく保つこともできるんです。

また、朝起きた時に副交感神経優位から交感神経優位に切り替わらないと、いつまで経っても体は活動モードになりません。

これから仕事や家事をしようと思っても、体の調子が上がらなかったり、眠気に襲われたりして日中の生活に支障をきたします。

結局のところ、自律神経は絶妙なバランスが大切なんですね(^^)

病気になりにくい身体を作るにも、太りにくい身体を作るにも、自律神経のバランスを整えるのがいちばん!

三井温熱療法で自律神経のバランスを整え、バイタリティー溢れる身体を手に入れ、暑い夏を乗り切りましょう!

【浅草店fb】 自律神経失調症

 自律神経失調症

病気でもないのになんとなく体の調子が悪い。

体が痛くて気が重い。

それには自律神経や免疫系が深く関わっていると言われています。

自律神経は交感神経と副交感神経が相反する働きによって体のバランスを保っています。

このバランスが崩れると、

・動悸・めまい・頭痛・耳鳴り・息切れ・不眠・下痢・便秘・冷え性・食欲不振・倦怠感 など様々な症状が出てきます。

このような症状を自律神経失調症と言います。

自律神経を乱す原因として

1 精神的なストレス

2 女性ホルモンの変化

 (生理、妊娠、出産、更年期)

3 疲労や睡眠不足

4 不規則な生活

5 気温の変化

6 体質や性格によるもの

温熱治療と聞くと「熱いだけ!!」と思う方もいるかもしれません(>_<)

しかし、熱い刺激以上に温かく心地良い熱を入れて、自律神経のバランスを整えていきます♪♪♪

始めは「熱い!」と感じていた箇所も自然と熱さの出方に変化が出てきます。

それこそが温熱の治療になります!

体の不調でお困りの方は是非、魔法の熱を体感してみて下さいo(^▽^)o

【浅草店fb】引っ越して来ました!

引っ越して来ました!

浅草店は2階にありますが、エーワンビル3階に「三井温熱セミナールーム」

が引っ越してきました♪

日本橋にセミナールームがあった頃は、場所の説明がとても大変!

看板が出来る前の浅草店以上にわかりにくかったのです…

でも安心!

今後は自信を持って「このビルの3階です♪」って案内させていただきますね!

「温熱セルフケア講座」に参加したいけど、日本橋まで行くのがちょっと…って思っていた方、3階へどうぞ♪

ちなみに、「温熱セルフケア講座」の他にも、「未病ケアコース」や

「温熱プロコース」もあります!

温熱セルフケア講座で、「体を温める温熱がこんなにも体に良いんだ♪」とか「肩こりが楽になった!」や「胃の違和感が消えた感じ♪」など様々なことを実感していただき、更に「プロの温熱を受けてみたい!」なんて思っていただいた方には、わざわざ日本橋から浅草まで来ていただいてプロの施術を受ける、なんてこともありましたが、今後はそのまま下の階に降りるだけです。

「温熱プロコース」で温熱を勉強中の方も、今後は浅草店でプロの

施術をうけるってことも出来ますね!

温熱は遠方から勉強に来られている方も多く、浅草で受けてみたいけど時間がなくて…なんてことも多々ありました。

でも今後は、授業の前後に浅草店でプロの施術を受けて勉強!ってことも可能になりました♪

【浅草店fb】[肩コリ、というより首コリ]

[肩コリ、というより首コリ]

写真は首の骨の関節の間から伸びる神経を指し示しています。

「三井温熱浅草施術所」に来られる方の大半は肩コリを訴えますが、その肩コリの症状が強く出ている場合は、肩というより首(頚部)に問題がある確率が圧倒的に高いです。

首(頚部または頸部)に問題があるのになぜ皆さんは肩コリがひどいと訴えるのでしょうか? 

それは「肩の付け根の部分」(首と肩の境界辺りです)や「肩甲骨の周り」など、肩部と呼べる部分に「鈍い痛みや、重だるさや不快感」を感じるからです。

「それではなんで肩の部分に症状があるのに首なのよ?」

前回の私の投稿において、「首や肩の筋肉に異常なコリができる理由の1つに交感神経の過緊張が大きく関係する」とお話しました。 そしてさらに「過緊張の原因に首の骨の関節(頚椎の関節)の変形や変性が大いに関係する」と書きました。 一般の方は、肩の付け根の部分や、肩甲骨周辺の筋肉が「首の骨の部分から出てくる神経」によってコントロールされていることをご存知ありません。

その神経は「脊髄神経」というのですが、脊髄神経は、変形や変性が生じやすい首の骨の関節のつなぎ目から出てきて、首や肩の筋肉につながっているのです。(運動神経による筋肉支配)

「関節のつなぎ目が変形・変性して、潰れていき神経に悪影響を及ぼします」

圧迫された神経は「過度な緊張状態」になってしまうのです。

首の骨の左右の関節から出てくる脊髄神経、その中には筋肉を固くしたり、柔らかい状態にする「運動神経」と、痛みやしびれを感じさせる「感覚神経」がいっしょになっているので、脊髄神経が首の関節の変形や変性によって圧迫などの障害を受けると、その神経がコントロールしている肩の筋肉などに痛み、重だるさ、しびれ、コリ感などを感じるというわけです。(運動神経と感覚神経に異常が生じる)

次回は、[どうすればコリがとれるのか] と題しての投稿になります。

よろしくお願いいたします。