乳癌と温熱刺激療法

乳癌と温熱刺激療法

ここ最近は、30歳代で乳癌に罹患した方々の来院も珍しいことではなくなりました。
その理由としては、芸能人の方達の体験から、がん検診する女性が増えたからなのでしょうか。いろんな理由があるかと思います。

浅草施術所にいらっしゃる理由としては、 「手術までの期間何か少しでも自分で出来る事はないだろうか」

「温熱療法で状態が少しでも良くなり手術が軽く済めばと思いまして….」

などという方が、インターネットで色々検索して温熱療法にたどり着く様です。

そして「温熱療法を手術前に集中して行う事で、手術の内容自体が軽く済みました」

という報告をする方もいまして、そんな話を聞きますと、私たちも自分のことのように嬉しく感じます。
でも私たちの本当のおもいとしては、これで終わり、これで完治、というわけではないことをわかってほしいんです。

なぜ乳癌になってしまったのかということを、真剣に考えて行かなければならないと思います。

何らかの原因で身体のバランスが崩れてしまった結果が病気だとしたら、その原因を深く追求してリセットする必要があります。自分の身体を変えなければなりません。

乳癌になる原因の1つが、「冷えとホルモンバランスの崩れにある」と言われています。 ホルモンバランスの崩れ=冷えと考えても良いくらいです。

実際にものすごく熱いという反応が、ホルモン器官に強く出ます。 視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・卵巣などです。
ホルモンバランスが崩れる原因は、年齢、生活習慣の乱れや飲食の偏り、そして大きな割合を占めるのが精神的ストレスです。

1度崩れてしまったホルモンバランスは、上記の原因がある限り、なかなか元に戻るのは難しく、サプリメントで補ったり、薬に頼るのが現状です。
そして実際あまり効果はでていません。

温熱刺激療法は自律神経を介してホルモン器官に直接作用します。

主なホルモン器官は先ほど言いましたとおり、視床下部・ 下垂体・甲状腺・ 副腎・ 卵巣 なのですが、重要なのは単独で機能するのではなく、全てのホルモン器官がお互いにバランスをとりあい働いています。このバランスが重要なのです。

ホルモンバランスを温熱で取り戻すのも簡単ではありません。とても時間がかかる作業です。何せ、ストレスという1番やっかいな事が絡んでいますので。(>_<)

ただ定期的に長く温熱して頂いてる方は、ごく自然にその方の身体のペースでバランスがとれて行く様です。急がばまわれですね

「手術すればそれでオーケー!」それでは、根本的なバランスの改善にはなりません。 食の改善、生活改善、冷やさない事、ストレスの回避は再発予防のための基本中の基本ですが、内臓機能のバランス、ホルモン器官のバランスをリセットできるようなことは、温熱に限らず積極的に行っていくべきだと思います。

f1f1070d53abd75281a7

【浅草店fb】乳癌と温熱刺激療法

乳癌と温熱刺激療法

ここ最近は、30歳代で乳癌に罹患した方々の来院も珍しいことではなくなりました。

その理由としては、芸能人の方達の体験から、がん検診する女性が増えたからなのでしょうか。いろんな理由があるかと思います。

浅草施術所にいらっしゃる理由としては、 「手術までの期間何か少しでも自分で出来る事はないだろうか」

「温熱療法で状態が少しでも良くなり手術が軽く済めばと思いまして….」

などという方が、インターネットで色々検索して温熱療法にたどり着く様です。

そして「温熱療法を手術前に集中して行う事で、手術の内容自体が軽く済みました」

という報告をする方もいまして、そんな話を聞きますと、私たちも自分のことのように嬉しく感じます。

でも私たちの本当のおもいとしては、これで終わり、これで完治、というわけではないことをわかってほしいんです。

なぜ乳癌になってしまったのかということを、真剣に考えて行かなければならないと思います。

何らかの原因で身体のバランスが崩れてしまった結果が病気だとしたら、その原因を深く追求してリセットする必要があります。自分の身体を変えなければなりません。

乳癌になる原因の1つが、「冷えとホルモンバランスの崩れにある」と言われています。 ホルモンバランスの崩れ=冷えと考えても良いくらいです。

実際にものすごく熱いという反応が、ホルモン器官に強く出ます。 視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・卵巣などです。

ホルモンバランスが崩れる原因は、年齢、生活習慣の乱れや飲食の偏り、そして大きな割合を占めるのが精神的ストレスです。

1度崩れてしまったホルモンバランスは、上記の原因がある限り、なかなか元に戻るのは難しく、サプリメントで補ったり、薬に頼るのが現状です。

そして実際あまり効果はでていません。

温熱刺激療法は自律神経を介してホルモン器官に直接作用します。

主なホルモン器官は先ほど言いましたとおり、視床下部・ 下垂体・甲状腺・ 副腎・ 卵巣 なのですが、重要なのは単独で機能するのではなく、全てのホルモン器官がお互いにバランスをとりあい働いています。このバランスが重要なのです。

ホルモンバランスを温熱で取り戻すのも簡単ではありません。とても時間がかかる作業です。何せ、ストレスという1番やっかいな事が絡んでいますので。(>_<)

ただ定期的に長く温熱して頂いてる方は、ごく自然にその方の身体のペースでバランスがとれて行く様です。急がばまわれですね

「手術すればそれでオーケー!」それでは、根本的なバランスの改善にはなりません。 食の改善、生活改善、冷やさない事、ストレスの回避は再発予防のための基本中の基本ですが、内臓機能のバランス、ホルモン器官のバランスをリセットできるようなことは、温熱に限らず積極的に行っていくべきだと思います。

背中のコリと内臓の関係

背中のコリと内臓の関係

背中を温熱器で丁寧に撫でていく。 
この時、意識を集中させる必要がある。

そうしていくと、実に様々なものが手に伝わってくるのだが、そのひとつは筋肉の状態だろう。
背骨(脊椎)が曲がっていたり、ねじれたりしていても、背中左右の筋肉の盛り上がりに差が出る。(脊柱起立筋群)
その盛り上がりは背骨を支えている起立筋である場合が多いが、時には、肩甲骨や骨盤周りの筋肉にも及ぶ。 

温熱療法では、そういった筋肉の盛り上がりがあるところには強い熱反応が出るものだ。 
「強い熱反応」が観察できるがゆえに、私たちはその場所を治療点と捉えている。

骨や関節に何か問題がある場合は、整形外科的な理由。
その他考えるとしたら、「内臓の影響」も見落とせない。

背中のいたるところに「内蔵とじかに神経でつながる反射区」というものが存在し、内臓の不調は背中の筋肉のコリとなって現れている。 そしてコリがあるところはとても熱く感じてしまう。

そのメカニズムは複雑な生理的反応によるものであり、細胞レベルで営まれるが、実際に施術を行う場合は実に単純な作業にみえる。
単純すぎて、本当は体内ではすごいことが起こっているのに、理屈では理解しにくい。

しかし結果よければすべてよし! 身体が軽くなり、楽になればいいのだ。

内臓機能の良し悪しは体調にそのまま反映されるものだ。
もともと肩こりや腰痛があるならば、その痛みも増しましになってしまうことも多い。 
その場合、肩こりや腰痛の治療だけをしていてもほんとうには楽にはならない。 
「内臓の不調を整えることが先決!!」
たとえ血液検査において正常でも、内臓の不調は筋肉を無駄に硬くさせ、体調不良に繋がる。

このようなことから私たちは、背中のコリと内臓の不調とは、とても深い関係にあると考えている。

2c2835bd52708e610fd8

【浅草店fb】背中のコリと内臓の関係

背中のコリと内臓の関係

背中を温熱器で丁寧に撫でていく。 

この時、意識を集中させる必要がある。

そうしていくと、実に様々なものが手に伝わってくるのだが、そのひとつは筋肉の状態だろう。

背骨(脊椎)が曲がっていたり、ねじれたりしていても、背中左右の筋肉の盛り上がりに差が出る。(脊柱起立筋群)

その盛り上がりは背骨を支えている起立筋である場合が多いが、時には、肩甲骨や骨盤周りの筋肉にも及ぶ。 

温熱療法では、そういった筋肉の盛り上がりがあるところには強い熱反応が出るものだ。 

「強い熱反応」が観察できるがゆえに、私たちはその場所を治療点と捉えている。

骨や関節に何か問題がある場合は、整形外科的な理由。

その他考えるとしたら、「内臓の影響」も見落とせない。

背中のいたるところに「内蔵とじかに神経でつながる反射区」というものが存在し、内臓の不調は背中の筋肉のコリとなって現れている。 そしてコリがあるところはとても熱く感じてしまう。

そのメカニズムは複雑な生理的反応によるものであり、細胞レベルで営まれるが、実際に施術を行う場合は実に単純な作業にみえる。

単純すぎて、本当は体内ではすごいことが起こっているのに、理屈では理解しにくい。

しかし結果よければすべてよし! 身体が軽くなり、楽になればいいのだ。

内臓機能の良し悪しは体調にそのまま反映されるものだ。

もともと肩こりや腰痛があるならば、その痛みも増しましになってしまうことも多い。 

その場合、肩こりや腰痛の治療だけをしていてもほんとうには楽にはならない。 

「内臓の不調を整えることが先決!!」

たとえ血液検査において正常でも、内臓の不調は筋肉を無駄に硬くさせ、体調不良に繋がる。

このようなことから私たちは、背中のコリと内臓の不調とは、とても深い関係にあると考えている。

どうすればコリがとれるのか・・・方法2

どうすればコリがとれるのか・・・方法2

前回の投稿では、こりかたまった頑固な「筋肉のコリをとる方法1」として、「高温熱刺激」による筋肉への直接アプローチをご紹介しました。

これは皮膚に多く分布する痛みを感じる神経を、直接熱で刺激することにより硬い筋肉を急激に緊張させ、その反射により筋肉を緩めます。

しかしこれだけでは根本解決にはなりません。
なぜならば、「筋肉が凝り固まる原因」にはアプローチできていないからです。

そこで「筋肉のコリをとる方法2」についてお話していきます。

頑固な筋肉のコリの大きな原因は、頚椎や胸椎(首の骨や背中の骨)など脊椎の関節の不具合です。
関節の不具合は加齢や使いすぎ、長時間のデスクワークなどで徐々にひどくなってしまいます。

温熱療法は「痛みや不快感の緩和」には効果を発揮しますが、私の経験から申し上げますと脊椎など、「骨の関節の不具合」には最高の効果を発揮するとはいえません。 

これには人の手による、「関節に対する手技」が有効だと思います。

具体的には、固くなり「柔軟性を失った脊椎の関節」を柔らかくしていくのです。
関節に柔軟性をもたせると、不思議な事にその周りの筋肉は柔らかくなってしまいます。

筋肉にたいする高温熱刺激と脊椎関節にたいする手技、これを上手く組み合わせることにより、コリがとれていきます。

[肩こり首こりは大変です] ・・・この投稿の最初の題名になった言葉です。

今回このテーマにそって、何回かにわけて投稿してきましたが、「肩こり首こりが大変」なのは、その「こりの原因」が単純なものではないからです。
お話ししてきた通り、「原因はとても複雑」でありただ単純に温めたり揉んだりしても解消するものではありません。
「明かな原因にたいする、的を得た熟練された技術」それこそが最も大切なことだと考えています。

この先もいろんなテーマを取り上げていきたいと思います。

mo-cs.jp

b16dcc1305eee0ea6c0f

【浅草店fb】どうすればコリがとれるのか・・・方法2

どうすればコリがとれるのか・・・方法2

前回の投稿では、こりかたまった頑固な「筋肉のコリをとる方法1」として、「高温熱刺激」による筋肉への直接アプローチをご紹介しました。

これは皮膚に多く分布する痛みを感じる神経を、直接熱で刺激することにより硬い筋肉を急激に緊張させ、その反射により筋肉を緩めます。

しかしこれだけでは根本解決にはなりません。

なぜならば、「筋肉が凝り固まる原因」にはアプローチできていないからです。

そこで「筋肉のコリをとる方法2」についてお話していきます。

頑固な筋肉のコリの大きな原因は、頚椎や胸椎(首の骨や背中の骨)など脊椎の関節の不具合です。

関節の不具合は加齢や使いすぎ、長時間のデスクワークなどで徐々にひどくなってしまいます。

温熱療法は「痛みや不快感の緩和」には効果を発揮しますが、私の経験から申し上げますと脊椎など、「骨の関節の不具合」には最高の効果を発揮するとはいえません。 

これには人の手による、「関節に対する手技」が有効だと思います。

具体的には、固くなり「柔軟性を失った脊椎の関節」を柔らかくしていくのです。

関節に柔軟性をもたせると、不思議な事にその周りの筋肉は柔らかくなってしまいます。

筋肉にたいする高温熱刺激と脊椎関節にたいする手技、これを上手く組み合わせることにより、コリがとれていきます。

[肩こり首こりは大変です] ・・・この投稿の最初の題名になった言葉です。

今回このテーマにそって、何回かにわけて投稿してきましたが、「肩こり首こりが大変」なのは、その「こりの原因」が単純なものではないからです。

お話ししてきた通り、「原因はとても複雑」でありただ単純に温めたり揉んだりしても解消するものではありません。

「明かな原因にたいする、的を得た熟練された技術」それこそが最も大切なことだと考えています。

この先もいろんなテーマを取り上げていきたいと思います。

mo-cs.jp

【浅草店fb】  甲状腺の病気について

  甲状腺の病気について

甲状腺と聞いたことはあっても、どこにあって、どんな働きをしているか知らない方も多いのではないでしょうか?

甲状腺は体の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌していて、人間には誰にでもある臓器です。

喉ぼとけの下に蝶々が羽を広げている形で正常だと柔らかいので、外からは触っても解りません…

甲状腺ホルモンは発育や成長に欠かすことができず、全身(脳、心臓、骨、筋肉、消化管、皮膚など)の新陳代謝を活発にするのと同時に精神神経や身体の活動の調整にも働きます。

甲状腺ホルモンの分泌に異常がある場合、原因不明の体調不良や疲労感が続くなど、様々な症状が現れます。

主な疾患

※バセドウ病など

甲状腺ホルモンが多く分泌されてしまい、代謝が高まる疾患

※慢性甲状腺(橋本病)

甲状腺ホルモンが減少して、体の活動性が低下してしまう疾患

甲状腺の病気は10人~20人に1人と云われる程発症頻度の高い病気です。

甲状腺に直接熱刺激を加え、さらに回りの筋肉をゆるませて交感神経の緊張を取ることで、甲状腺異常の予防につながっていくと思いますo(^▽^)o

また、甲状腺の病気は糖尿病と関わりがあると云われています。

この事から、副腎同様に甲状腺の温熱は糖尿病の方にもお勧めです♪♪♪